エンジニア入門 エンジニア転職

現役エンジニアがこれからITエンジニアへの転職や就職をオススメする理由

debian10-first-settings

こんにちは、ITエンジニアのSunaoです。

僕はITエンジニアとして長くなりますが、今、ITエンジニアへの転職や就職は本当にオススメです。
ITエンジニアへの転職や就職をすすめるには当然、理由があります。なんといっても一番の理由は「ITエンジニアの人材不足」というブルーオーシャンな状況です。

ITエンジニアとして20年近く業界に関わっている僕に言わせると、これから就職や転職するなら、ITエンジニア一択だと断言します。

実は企業へのITシステム導入や手作業で行っていた業務のシステム化(RPAなど)で今、インフラやプログラム開発などを行う「ITエンジニア」が全く足りない状況が続いています。当然、ITエンジニアは人材不足は国の成長に大きな問題になっています。

エンジニアの需要と供給のバランスが「需要」側に大きく傾いている今、ITエンジニアをオススメするのは当然です。とはいえ、ITエンジニア不足が本当なのか、またどの程度なのか、信用できない人もいるかと思います。

今回はITエンジニアの需要を元に転職や就職をオススメする理由を説明していきます。

エンジニア不足の現状

rhel64-repo-add-sam
IT業界が拡大していく一方でエンジニアが需要に追い付いていない。この状況は、かなり前から始まっています。国でも調査済みで、エンジニアが不足している状況を把握しています。
その調査結果は一般に公開しており、誰でも見ることができます。この調査結果を元に、ITエンジニアが不足している現状についてお話します。

経済産業省が2016年に行ったIT人材の動向に関する調査によると、2016年時点で不足数は「約17万人」と推計されています。また今後2019年をピークに人材供給は減少傾向となり、より一層不足数が拡大していきます。

2020年には不足数が25万人程度になることから、いかにITエンジニアが不足しているかが分かります。

IT-jinzai-data

経済産業省 IT人材の最新動向と将来推計より

このレポートでは「近い将来、わが国のIT人材供給力は定価し、IT人材全体の規模は減少に向かう可能性がある」と書かれています。2020年以降も不足している状況は続いていくことになります。

実はITエンジニアの人材不足は、現場でも肌感覚で感じることができるようになっています。僕にもエンジニアを探している人から「こういうエンジニアいない?」と声がかかることも多々あります。

このような状況になってしばらく経っていますので、ITエンジニアになることをおすすめしない理由はありません。

IT産業の伸び

it-engineer-needs
ITエンジニアを目指すといっても、それが将来的に続くのか、今だけじゃないかと考えますよね。転職や就職を考えるためには、今後の伸びという点も心配になるかと思います。

IT企業については、今後も順調に伸びていくと予想されています。世界時価総額ランキングの上位を占めるGoogleやAmazon、Facebook、Apple(GAFAと呼ばれます)はいずれもIT企業です。これらの企業ではエンジニアをとても大切にしており、エンジニアを積極的に採用しています。

IT企業はメインの収入ハードウェアやライセンス販売から「サービス」の提供に切り替えています。サービスのバックエンドは「エンジニア」によって支えられています。

今後もサービスへの移行は加速的に進んでいくことが予想されますので、エンジニアの伸びは衰えることはありません。

ITエンジニアとして転職や就職する

centos8-samba4-install
ITエンジニアの需要と不足についての状況について理解ができたと思います。ITエンジニアのニーズは今後、増加する一方です。需要が増加するということは、支払われる給料も、需要がそれほどない仕事と比較して、当然高くなります。

今の世の中は不景気という流れで、年収も全体的に抑え気味の企業が多くなっています。現状の年収で満足している人は少ないはず。そういった場合にはITエンジニアになるための学習を今すぐに開始することをオススメします。

僕自身はエンジニアとして長く活動していますが、エンジニアを始めたときから大きく人生が変わりました。
ITエンジニアは責任感も大きいですが、やりがいのある仕事です。興味が出たらすぐに動くことが、人生を変える第一歩と言えます。

フリーランスのITエンジニアを目指すこともできる

ITエンジニアはキャリアを積んだ後に独立しやすいのも特徴です。独立に際してはキャリアとスキルがあれば、特別な道具や初期投資の必要がないので、フリーランスとして活躍することもできます。
フリーランスだと自分で仕事を取ってこないと、仕事ができないのではと営業経験がない多くのエンジニアが心配するところです。
しかし最近ではフリーランスエンジニア向けの仕事を紹介してくれるエージェントも多く存在します。
このようなエージェントを利用することで営業力とは関係なく、キャリアやスキルにあった仕事を高単価で行うこともできます。
将来、フリーランスを目指すのであればITエンジニアほどオススメの職業はありません。

-エンジニア入門, エンジニア転職

Copyright© 未経験でもITエンジニアに、ITエンジニアジョブ , 2020 All Rights Reserved.